ベルタプエラリア 飲み方

ベルタプエラリアの正しい飲み方はこれ!※知らないと危険なので要チェック!

 

バストアップサプリなどによく使われているプエラリアですが、女性ホルモンの一種エストロゲンの作用を活発化する作用があります。
その効果は、大豆イソフラボンの40倍ともいわれているので、かなり強いということがわかりますね。
それだけに、プエラリアを飲む際には副作用を起こさないための飲み方に気を付ける必要があります。

 

プエラリアは生理周期により飲み分けよう!

 

プエラリアは生理周期により飲み分けるのがベストです。

 

飲んでよし!⇒生理の終わりごろから排卵日まで

プエラリアで副作用を起こさないためには、服用の時期がポイントになります。
プエラリアを積極的に摂取したい時期が、生理の終わりごろから排卵日までです。
これを卵胞期と呼びます。

 

この時期はもともとエストロゲンの働きが優勢になります。
それに合わせてプエラリアを摂取すれば、さらにエストロゲンの分泌量を増やしバストアップ効果を得やすくなります。

 

控えよう⇒生理1週間前から生理中

逆にプエラリアの摂取を控える時期なのは、生理の1週間前から生理中の期間です。
これを黄体期と呼んでいます。
この時期は、エストロゲンの分泌量が減少し、プロゲステロンが優位になるべき時期です。
プロゲステロンは、肌荒れやニキビ、イライラなど、生理前の不快な症状を引き起こすホルモンであることも知られています。
ここでプエラリアを飲んでしまうと、ホルモンバランスを崩し、副作用を引き起こすことがあります。

 

2つの女性ホルモンのバランスが大切

でも、中には、エストロゲンが減少する時期にこそ、プエラリアを飲んでエストロゲンを増やすべきなのでは、と思う人もいるかもしれません。
その発想は理解できますが、もともとエストロゲンが減少するべき時期に、プエラリアを飲んでエストロゲンを無理に増やそうとすると、ホルモンバランスを崩してしまいます。
このため、思わぬ副作用を起こしてしまう危険があるのです。

 

同時に、早くバストアップしたいからと言って、過剰に摂取するのも禁物です。
プエラリア・ミリフィカの摂取量は1日400rまでとなっています。
これを超えて摂取するのは、副作用のリスクを高めてしまいます。
信頼できるメーカーの商品であれば、きちんと摂取量の但し書きがあるはずです。
ベルタプエラリアであれば、1日3粒までと明記されています。

 

プエラリアの飲み方まとめ

プエラリアはそれだけ効果が高い成分だということなのです。
ですから、毎日3粒飲めばいいというものではなく、自分のホルモンバランスとリズムを理解して飲み方を調整することがおすすめです。

 

例えば、

 

  • 卵胞期は1日3粒飲む
  • 黄体期は1日1粒のみ服用
  • 生理期間中は飲まない

 

というような工夫を行ってみましょう。
このように自分の体調に合わせて飲み方を変えることで、副作用やトラブルを起こすことなく、プエラリアのうれしい効果だけを得ることができるはずです。

 

ただし、なんでもそうですが、個人差があります。
すべての人がこの飲み方で決して副作用がないと保証するものではありません。
最終的には、自分の体調を観察しながら、状況に合わせて飲む量をコントロールしてくださいね。

 

また、ベルタプエラリアはサポートセンターのカスタマーサービスも充実しています。
自分で服用量などを調整するのに自信がない時には、気軽に相談してみるといいと思いますよ。

 

最安値!ベルタプエラリアの特別割引キャンペーンページはこちら

 

関連記事

page top